営業を可視化するSFAとは何か

営業効率を高める

人材の育成と引き継ぎにCRMを利用する理由

time 2022/11/03

人材の育成と引き継ぎにCRMを利用する理由

組織が上手くまとまらないことが原因で営業活動が進展せずに、新しい顧客を獲得できないことを悩む経営者にとって、心強い味方となるのがCRMと呼ばれるツールです。商談相手となる顧客の情報を一元で管理できるおかげで、担当者によって所有している情報が違うといった問題を防げます。情報の一元管理によって従業員同士が連携しやすくなり、商談の進捗が遅れている相手をリストにまとめることも簡単です。商談が上手くいかない理由を従業員が集まって分析できて、他の従業員に商談を引き継ぐといった対処も取りやすくなります。

情報が共有できているからこそ営業担当の引き継ぎもスムーズに進められて、営業プロセスの改善に繋がると利用者からも好評です。営業担当だけでなく他の部門ともデータをリアルタイムで共有できて、カスタマーサポートに必要な情報をすぐに伝えられる点でもCRMは注目されています。問い合わせにも正確な対応ができるようになるだけで、顧客満足度を大幅に向上させることも難しくありません。モバイル機器からも使用できるために社外で活動している営業担当者とも連携しやすくて、複数の顧客がいる場所を移動する際のルートなどを指示できます。

スマートフォンやタブレットなどにCRMのデータを送信することで、社内にいる時と同じような作業を外出中に行えるのも利点です。顧客満足度の向上と従業員の負担軽減といったメリットが広まることで、世界各地でCRMを活用する企業が増えています。CRMのことならこちら

down

コメントする